用語集

多層ブロー成形

複数の樹脂を重ね合わせて、多層化したパリソンに空気を吹き込んで成形する方法です。
押出機で多層パリソンを成形し、再度加熱してから成形する為、基本的に多層ブロー成形はコールドパリソン式となります。

複数の樹脂を用いて多層構造の成型品を作ることが出来る為、成形品の強度向上や酸化・変質防止を図ることが可能です。
そうした特徴から、多層ブロー成形は酸素・紫外線・含有成分などで劣化や変質が見られやすい食品・調味料の容器、ガソリンタンクなどの成形によく用いられています。

ま〜も の用語