用語集

押出ブロー成形

押し出しブロー成形(ダイレクト)は、熱可塑性樹脂を用いてブロー成形する一般的な方法であり、特にプラスチック容器やボトルの製造によく使用されます。以下に、この手順を詳しく説明します。

  1. 材料の準備:使用する熱可塑性樹脂を選定し、必要な粉末やペレットなどの形状に加工します。
    樹脂を適切な温度に加熱して、柔らかく、流動性の高い状態にします。この段階で樹脂を「パリソン」と呼ばれる筒状の形状に成形します。
  2. 押出し機:押出し機を使用して、熱いパリソンをヘッドから押し出します。
    パリソンの形状は、金型で成形される最終的な容器の形状に対応するように設計されます。
    パリソンの肉厚は一定に保たれ、金型に垂れ下がります。
  3. 金型の設置:開いた金型を用意し、パリソンが挿入できるようにします。
  4. 成形と冷却:金型を閉じて、パリソンの下部を挟み込みます。これにより、金型の内部に密封部分が形成されます。
    同時に、金型の上部からパリソン内部に空気を吹き込みます。この空気圧力により、パリソンは金型内部の形状に従って膨らみます。
    吹き込んだ空気はパリソン内で冷却され、樹脂が固まります。これにより、容器の形状が確立されます。
  5. 金型の開放:樹脂が冷却および硬化した後、金型を再度開けます。
    成形された容器は金型から取り出され、必要に応じてトリミングや仕上げの作業が行われます。

この工程によって、一貫性のある肉厚と形状を持つプラスチック容器が製造されます。成形された容器は、さまざまな用途に使用される可能性があります。

ま〜も の用語