用語集

インサート成形(ブロー成形)

ブロー成型(ブローせいけい)は、プラスチックなどの熱可塑性ポリマーを用いて中空の形状を作る成形方法です。
インサート(insert)とは、成形品内に他の素材や部品を組み込むことを指します。

ブロー成型のインサートとは、ブロー成型工程中に、中空の成形品(通常は容器やボトルなど)に別の部品や素材を組み込むことを意味します。
これにより、複合素材を組み合わせた製品や、他の機能を持った部品を組み込んだ製品を製造することが可能になります。

具体的な手順としては、ブロー成型の金型にインサートしたい部品(例:金属ピン、ネジ、他のプラスチック部品などを)配置します。インサート成形したい部品を配置できたら、成型機ダイスからパリソン(樹脂)を押し出し、パリソンを挟みます。次に金型を閉じてエアーを挿入し、パリソンを金型に密着させ成形します。これと同時にインサート部品が樹脂に巻き付き、一体化していきます。

最後に、成形品が適切な形状に冷却固化すると、インサートはブロー成型品の一部として固定されます。

このプロセスは、自動車のタンク部品やダクト、ボトルのキャップ、医療機器、家庭用品など、さまざまな産業で使用されています。インサートを組み込むことで、製品の強度、機能性、耐久性などを向上させることができます。

またブロー成形におけるインサート成形のメリットとして、下記の点が挙げられます。

  • コスト削減:複数の部品を別々に製造して後から組み立てる必要がなくなり、生産工程や組み立て工程の手間とコストが削減できます。
  • 部品数の削減:インサート成形により、複数の部品を1つの成形品に組み込むことができます。これにより、製品内の部品数が減少し、組み立てや管理が容易になります。
  • 複雑な形状の実現:インサート成形は、複雑な形状や機能を持つ製品を効率的に作成することができる方法です。

ま〜も の用語