用語集

ヒケ

「ヒケ」はプラスチック成形においてよくある欠陥の一つです。
これは、製品の表面や内部に小さなくぼみや凹みが生じる現象を指します。

ヒケが発生する原因はいくつか考えられます:

1.樹脂の特性:
樹脂の種類や成分がヒケの発生に影響を与えることがあります。
例えば、特定の樹脂は冷却過程で収縮しやすいため、ヒケが起こりやすくなることがあります。

2.成形条件:
成形における温度、圧力、冷却時間などの成形条件の管理が不適切だと、
ヒケの発生リスクが高まります。適切な成形条件の設定が重要です。

3.モールド設計:
モールドの設計にも影響があります。
冷却不足や排気不良、ゲートの位置などがヒケの原因になることがあります
。適切なモールド設計とメンテナンスが必要です。

4.樹脂の不純物:
樹脂に混入している不純物や異物がヒケの要因になることがあります。
原料の品質管理が重要です。

ヒケを防ぐためには、以下のような対策が取られます:

・適切な樹脂の選択:
製品の要件に合った適切な樹脂を選択することが重要です。
熱収縮率や成形特性を考慮しましょう。

・成形条件の最適化:
適切な成形条件を設定し、制御することで、ヒケを軽減できます。
プロセスの監視と調整が必要です。

・モールド設計の最適化:
モールドの冷却設計や排気の改善など、
モールド設計に注意を払うことで、ヒケを減少させることができます。

・品質管理と原料の管理:
樹脂に不純物が混入しないように品質管理を徹底し、
原料の品質にも注意を払いましょう。

これらの対策を適切に実施することで、ヒケの発生を最小限に抑え、
品質の高いプラスチック製品を生産することができます。

ま〜も の用語