用語集

針吹き

ダイレクトブロー成形は、円筒状の樹脂であるパリソンを金型で挟み込み、外部から針状のブローピンを使用して圧縮空気を吹き込むことで、樹脂を金型の形状に膨らませて成形する方法です。以下に、ダイレクトブロー成形のプロセスを簡潔にまとめます。

  1. 金型の中に円筒状の樹脂であるパリソンを配置します。
  2. ブローピン(針吹き)を金型の外からパリソンに挿入します。
  3. ブローピンを通じて圧縮空気をパリソン内に吹き込みます。
  4. 圧縮空気によってパリソンが膨らみ、金型の形状に沿って樹脂が押し付けられます。
  5. 成形が完了したら、金型を開いて成形された製品を取り出します。

成形機によって上吹き、下吹き、横吹きなどの方法がありますので、成形会社との打ち合わせも重要です。
以上のように、ブローピンを使用することで、風船のように膨らんだ樹脂を金型に適切に成形することが可能となります。
必要に応じて、成形会社とのコミュニケーションを行いながら、適切な成形方法を選択することが重要です。

ま〜も の用語