用語集

ブロー金型(ダイレクト)

ダイレクトブロー成形金型(Direct Blow Molding Mold)は、中が空洞となる成型品を作るための金型の一種です。この金型は、容器、タンク、パイプなど身近な製品を製造するのに用いられます。ダイレクトブロー金型の特徴は、成形される製品が必ずバリ(樹脂の余剰分)が発生するため、パーティング(金型の合わせ目)よりも外側に喰い切り(バリを溜める部分)が設定されていることです。

また、ダイレクトブロー金型は他の成形金型、特にインジェクション成形金型と比較して、比較的少ない数しか市場に出回っていないため、ダイレクトブロー金型に特化した製作会社は限られています。しかし、この金型は中空製品を成形するのに特化しており、インジェクション成形金型に比べてコストが削減できるという利点があります。このため、中空製品を製造する業界や製品に特に適しています。

ダイレクトブロー成形は、プラスチック容器やボトルなどを製造するために広く使用されており、食品、飲料、化粧品、医薬品などのさまざまな産業で重要な役割を果たしています。コストの削減と製品品質の向上を追求する企業にとって、ダイレクトブロー成形金型は重要なツールとなっています。

ま〜も の用語