用語集

ピアス加工(袋飛ばし)

ピアス加工は、ブロー製品の潰し形状部分に設定する穴あけ部分のことを指します。
以下に、ピアス加工のメリットについて詳しく説明します:

1.時間の短縮:
ピアス加工は、成形時に容易に穴あけを行うことができます。
このため、従来の方法よりも迅速に製品を完成させることができます。生産性の向上につながります。

2.穴あけの間違い防止:
金型にピンを立てて穴あけを行うため、精度が高まります。従って、穴あけの間違いやずれを防ぐことができます。正確な位置に穴を設定することで、製品の品質向上につながります。

3.忘れ防止:
ピアス加工は、金型にピンを立てることで設定されるため、穴あけを忘れるリスクが低くなります。製造工程のミスを防ぐことができます。

4.複雑な穴あけに対応可能:
ピアス加工は非常に柔軟な方法であり、複雑な形状の穴を設定することができます。これにより、製品のデザインや機能に多様性を持たせることが可能です。

デメリットとしては、斜め部分や真横にピンを設定するのは難しい点や、
アンダーだけでなく成立させるためには追加の工程や装置が必要となり、
コストが上がる可能性がある点が挙げられます。

ピアス加工は、ブロー製品の製造において効率性と品質向上をもたらす有益な技術です。
成形プロセスをより効果的に進めるために積極的に活用されることでしょう。

ま〜も の用語