用語集

ブロー成形機

ブロー成形機は、樹脂材料を使用して中空の製品を作成するための機械です。この工程は一般的にプラスチック製ボトルや容器の製造に使用されます。以下はブロー成形機の主要な概要です。

  1. 金型設置: ブロー成形機は、金型を設置するための準備が必要です。この金型には、最終的な製品の形状が刻まれており、成形の基本的な設計を決定します。
  2. 樹脂の溶解: ブロー成形の最初のステップは、樹脂の溶解です。樹脂ペレットや粉末を機械内のヒーターで加熱し、液体状に溶解させます。この段階では、樹脂は高温で柔らかくなり、成形可能な状態になります。
  3. パイプ状の押し出し: 溶解された樹脂は、機械内で特定の形状に押し出されます。この段階では、樹脂はパイプ状になり、これを「パリソン」と呼びます。パリソンは金型に向かって流れるように押し出されます。
  4. 空気吹き込み: パリソンが金型内に配置されたら、次に空気を導入します。金型内に導入された空気は、パリソンを膨らませ、金型の内部に樹脂が密着するようにします。これにより、製品の内部が空洞となります。
  5. 冷却: 製品の形状が確立されたら、金型内の製品を冷却します。これにより、樹脂は硬化し、製品が所定の形状を保持します。
  6. 取り出しと仕上げ: 製品が冷却された後、金型から取り出され、必要に応じて仕上げ作業(切削、トリミングなど)が行われます。

ブロー成形機は、さまざまなサイズや形状の中空製品を生産するために使用され、特にプラスチック製容器やボトルの製造に適しています。
この工程は効率的で経済的であり、多くの日常生活製品の製造に広く利用されています。

ま〜も の用語