用語集

3次元ブロー成形

3次元ブロー成形とは、押出し(ダイレクト)ブロー成形を応用したもので、ダイレクトブロー成形のデメリットであるバリ(ロス)部分の仕上工程やロス材を減らすために生まれました。
この成形法は、自動車エンジンのダクトやパイプ部分、空調機のホース部分のように、湾曲部分や蛇腹のある複雑な形状を製造することが得意な成型方法です。

また、成型の行い方もダイレクトブロー成型と違い、金型を横置きに配置し、キャビティ形状に沿うようにパリソンを3次元方向に複雑な形に寝かすように成型いたします。
その際、押出装置(ヘッド部分)を動かしながらパリソンをセットすることで、バリ(ロス)を大幅に削減でき、またブラケットなどの二次部品をあらかじめ金型にセットして成形することが得意な構造の為、一体化するインサートとの相性がよく、溶着工程の削減のご提案などが可能な成形です。

このように強度や耐久性に優れ、高い生産効率と複雑な形状の製品が作れるのが3次元ブロー成型です。

ま〜も の用語