用語集

ダイレクトブロー成形

ダイレクトブロー成形(押し出しブロー成形)は、押出機から押し出されたプラスチックを直接金型でブロー成形する方法です。

この工程は一般的に「ダイレクトブロー」または「押出ブロー」と呼ばれ、
プラスチックを押し出す(ブロー)際に押出機から直接行うことに由来しています。

また、内部に空気を吹き込んで中空な製品を作る成形方法でもあるため、
「吹込み成形」や「中空成形」とも呼ばれることがあります。

この成形方法は以下の手順で行われます:

  1. プラスチック容器の原料となるプラスチック粒(ペレット)を高温で加熱溶融させます。
    この加熱によってプラスチックは柔らかくなり、成形が可能な状態になります。
    通常、加熱温度は200度近くに設定されます。
  2. 溶融したプラスチックを押出機からパイプ状に押し出します。このパイプ状の融けたプラスチックを「パリソン」と呼びます。パリソンは金型で成形される最終的な製品の前段階です。
  3. 作りたい製品の形状に合った金型を用意し、その金型内にパリソンを挟みます。
  4. 金型内に挟まれたパリソンに直接空気を吹き込みます。これにより、パリソンは金型の内側に押し付けられ、金型と同じ形状に膨らみます。
  5. 膨らませたパリソンは金型内で冷却され、プラスチックが硬化します。

この工程によって金型から外れた時には、金型と同じ形状のプラスチック容器が完成します。

ダイレクトブロー成形は、中空なプラスチック容器(たとえば、ボトルや容器)の製造に広く使用され、効率的な方法です。
プラスチックの特性を利用して、一貫性のある製品を大量生産することが可能です

ま〜も の用語