用語集

3次元ブロー金型

3次元ブロー金型とは、湾曲部分や蛇腹のあるパイプやホース部品を作成するのに適しています。

また、ダイレクトブロー金型と比較してバリ(ロス)を大幅に減らすことができるため、効率的な製造が可能です。具体的には、金型とパリソンを相対的に移動させることで、バリを最小限に抑える構造となっています。

さらに、この金型はインサート(2次部品)を事前にセット(駒のスライド機構を用いながら)できるという利点もあります。これにより、複雑な形状の部品に対しても高い精度を保ちながら製造することができます。

このような複雑な形状の金型は、高度な技術とノウハウが求められるため、熟練した職人による製作が重要です。金型の設計や製造、運用において、経験豊富な専門家たちが必要とされる金型です。

ま〜も の用語