用語集

延伸ブロー成形

延伸ブロー成形は、高品質の製品を生産するための重要な成形工程で、特に食品容器、医薬品容器、ペットボトルなどの製造に広く利用されています。この方法は、コールドパリソン法としても知られており、以下の特徴があります。

  1. 複数の延伸(工程)の組み合わせ: 延伸ブロー成形は、射出ブロー成形に軸方向と径方向の2つの延伸プロセスを組み合わせています。これにより、製品の強度、透明度、ガスバリア性などの特性を向上させることができます。
  2. プリフォームの加熱と延伸: プリフォームと呼ばれる樹脂の前段階で、材料を加熱して柔軟にし、軸方向の延伸を行います。この際、延伸ロッドと呼ばれる金属棒がプリフォーム内部に挿入され、一定の温度と圧力で延伸が行われます。
  3. 径方向の延伸とブロー成型: プリフォームが軸方向に延伸されたと同時にブロー成型工程で加圧空気が注入され、プリフォームが金型の形状に膨張し、製品が作られます。
  4. 温度管理の重要性: 成形中の樹脂の温度管理は非常に重要です。適切な温度制御が行われないと、製品の品質に問題が生じる可能性があります。温度を適切に管理することで、均一な延伸が確保され、製品の特性が向上します。

延伸ブロー成形は、高い強度、透明度、ガスバリア性が要求される製品の製造に適しており、食品や医薬品の包装産業などで広く使用されています。この工程により、耐久性のある容器やボトルが製造され、製品の品質と安全性が確保されます。

ま〜も の用語