用語集

射出成形

射出成型は、プラスチックや金属などの熱可塑性材料を使って、さまざまな形状の製品を大量生産するための主要な成形方法です。

まず、射出成型機に原料をペレット状にしたものを供給します。
次に、射出成型機の加熱シリンダーで原料を溶かし、高圧でシリンダー内の射出ノズルから金型(モールド)の中に射出します。
金型内部では、原料が冷却されて固まり、望む形状の製品が形成されます。成形が完了したら、金型から製品を取り出し、次のサイクルに進みます。
この工程は自動化されていることが一般的で、高い生産性と効率が得られます。

射出成型の特長は、複雑な形状や細部まで正確な寸法を実現できること、スピーディな生産サイクルによる大量生産が可能なこと、高い品質と均一性が確保できることです。
また、材料の種類も豊富で、様々な用途に対応できる汎用性があります。

射出成型は自動化された製造プロセスであるため、労力とコストを削減することができますが、金型の設計と製造には高いコストがかかることも考慮すべきです。
製品の品質や効率を向上させるためには、材料の選択や成形条件の最適化が重要となります。
射出成型は家電製品、自動車部品、パッケージ容器など、さまざまな産業で広く利用されており、私たちの日常生活に欠かせない製品を生み出しています。

ま〜も の用語