用語集

パーティングライン(ブロー成形金型PL)

ブロー成形金型は、プラスチックやガラスなどの材料を加熱して膨らませ、特定の形状を持つ製品を作成するための金型です。
この金型は、成形した後に製品を取り出す必要があるため、一般的に2つ以上のパーツから構成されています。
これらのパーツは製品の最大輪郭部分を割るために使われます。
この合わせ目部分をパーティングラインと呼びます。
パーティングラインは、金型内で製品が形成される境界を表すものであり、製品の外観に影響を与える重要な要素です。

金型のパーティングラインの位置は、製品の形状や要件、成形プロセスによって異なります。
適切なパーティングラインの設計は、製品の品質や成形条件に大きな影響を与えるため、金型設計者やブロー成形の専門知識が非常に重要です。
適切なパーティングラインの設計により、製品の外観や寸法の正確さ、品質、成形プロセスの効率が向上します。

金型設計者は、製品の形状や材料の特性を考慮し、パーティングラインの位置を選定します。

また、製品のデザインや要件に合わせて金型の形状や構造を適切に設計する必要があります。ブロー成形のプロセスを理解し、その特性を把握することで、適切なパーティングラインの設計に対する洞察力が高まります。

ブロー成形は、容器やボトル、プラスチック製品の製造など、幅広い産業で重要な製造プロセスです。
そのため、金型設計者やブロー成形の専門家の役割は製品の品質向上や製造効率の向上において不可欠なものとなっています。

ま〜も の用語