用語集

薄肉

ブロー成形における「薄肉(Thin Wall)」とは、製品が設計上の意図よりも薄い部分を持つ状態を指します。
ブロー成形では、プラスチックやガラスなどの材料を加熱して中空の形状を作り出すため、均一な膨張が難しい場合や設計に不備がある場合に薄肉が発生することがあります。

薄肉の状態では、製品の強度や耐久性が低下する可能性があります。
これにより、製品が破損しやすくなったり、内部の液体やガスが漏れやすくなる場合があります。
また、薄肉の部分は成形プロセス中に破損することがあるため、最悪の場合、製品を完成させることができないこともあります。

ブロー成形において薄肉を防止するためには、いくつかの対策があります。
まず、適切な成形条件の設定が重要です。
適切な温度や圧力を調整することで均一な膨張を促し、薄肉の発生を抑えることができます。金型設計においては、肉厚のコントロールが重要です。
均一な肉厚を確保するように金型を設計することで、薄肉の問題を軽減することができます。

さらに、金型設計の材料の選定も重要です。適切な金型材料を使用することで、耐久性や耐摩耗性を向上させることができます。
そして、設計段階で薄肉の問題を予測し、最適なデザインを行うことも重要です。

ブロー成形においては、製品の品質や性能を向上させるために薄肉の問題に対処することが重要であり、適切な成形条件と金型設計の選定が欠かせない要素となります。

ま〜も の用語