用語集

真空成形

真空成型は、熱可塑性プラスチックを使って製品やパッケージを形成する製造プロセスです。この技術は、熱したプラスチックシートを原型に合わせて押し出すことで成形を行います。

真空成型の方法をご紹介いたします:

1.原型を作成し、それに合わせたプラスチックシートを準備します。
2.プラスチックシートを加熱して軟化させます。
3.軟化したシートを原型の上に配置し、真空をかけることでプラスチックを原型に吸い込ませます。
4.プラスチックが原型の形状に固まるまで冷却し、成形が完了します。
5.最終的に製品を取り出し、仕上げを行います。
真空成型は、低コストで大量生産が可能であり、自動車部品や家庭用品、電子機器の包装など幅広い産業で使用されています。また、プロトタイピングにも有用で、迅速な製品開発に寄与します。

真空成型の利点は、複雑な形状を作成できること、比較的短い生産サイクル、低コスト、軽量でありながら強度がある製品を作れることなどが挙げられます。これらの特性により、真空成型は多くの産業で広く活用され、製品の開発や製造において重要な役割を果たしています。

ま〜も の用語