技術提案事例

プレスによるインサート配置不要の成形

Before

プレスによるインサート配置不要の成形

製品デザインには、フランジ・ステー・ブラケット等が組み込まれた設計があります。

通常は、射出成形で作られた部品を金型に挿し込む”インサート成形”もしくは成形後に溶着する後加工が必要となります。しかし今回のお客様からは、生産数が少ないものにコストをかけたくないとの声があり、製品コスト削減を目的とした金型設計のご要望がありました。

After

プレスによるインサート配置不要の成形

金型の設計において、突起部分や平坦部をプレスして形状を作る方法を採用しました。この工法により、製品の品質を向上させるとともに、インサート部品の成形コストが無くなり、生産時間も大幅に短縮されます。お客様の製造コストの削減と、生産性の向上に大きく繋がります。

 

サービス>特殊ブロー金型による部品一体化提案

技術提案事例>射出成型品の溶着レス化

 

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例