技術提案事例

アンダーカットの取り除き(形状修正) 

Before

アンダーカットの取り除き(形状修正) 

仕様にもよりますが、金型の設計において要求される製品デザインを成立するには、成形品の離形を邪魔してしまうアンダーカット形状部に対策が必要となり、一般的に特定部をスライド構造にする必要があります。

しかし、シリンダー等の部品点数は増えてしまい、構造は複雑化して製造工期も長くなります。また成形機やコストの制約により、スライド構造が困難な場合もあります。参照図を例として、こちらの提示された製品デザインでは形状通りの金型を製作すると製造コストが高額になってしまうという問題がありました。そこで、コスト低減に努めた形状修正をご提案しました。

After

アンダーカットの取り除き(形状修正) 

画像の赤色部分の形状を修正することで,アンダーカットが発生しないようにします。この作業により、アンダーカット部のスライド機構が無くなり製造コストが大幅にダウンします。

また金型もシンプル構造となり、長期に向けたメンテナンスや修繕の容易性も高くなります。修正した形状は、要求仕様を達成しており、製品の性能に影響を与えません。結果、形状修正は承認され量産用金型の製作となりました。

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例