技術提案事例

回転成形からブロー成形へ転換

Before

回転成形からブロー成形へ転換

お客様から、海外で生産していた回転成形品をブロー成形に切り替えて、日本で国内生産したいとの相談を受けました。

理由としては、特定部の肉厚に一貫性がなく品質にバラつきが生じて液漏れが発生したことでした。また回転成形は、ひとつの製品に長い成形時間を要します。(原料投入→加熱しながらの回転→冷却→取り出し)

よって大量生産には不向きで、金型の数を増やして成形サイクルを改善する方法など、高い初期投資や機械の導入コストが必要となります。そこで、コストをかけず生産性と品質向上を目的とした、ブロー製品化への依頼を受けました。

After

回転成形からブロー成形へ転換

回転成形でつくられた既存製品から、寸法を測定し3DCADで立体モデルを作成しました。立体モデルを基に、お客様との打ち合わせを行い、ブロー金型の設計と製造を行います。

回転成形は、原料を加熱して溶かしながらの成形となりますが、ブロー成形はすでに加熱されたパリソン(溶融樹脂)が常に成形機(ダイス)から押し出されるので、ひとつの金型で成形サイクルが早まり、生産性が向上しました。

ブロー成形では、パリソンを金型で挟むのでPL(パーティングライン)にバリが生じますが、製品の要求仕様に問題はなく、生産率と品質を両立して向上できました。

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例