技術提案事例

抜き勾配(形状修正)

Before

抜き勾配(形状修正)

金型から成形品を取り出す際は、成形品(樹脂)の温度の低下による収縮硬化に注意する必要があります。特に凸形状ですが、成形品が冷めて収縮して固まると金型内の形状に密着してしまい、取り外しにくくなる場合があります。スムーズに離形できない場合、成形品が擦れて摩擦痕を残したり、取り外しが手間となり成形サイクルが遅くなります。

このため成形不良リスクを回避した形状修正を提案しました。

After

抜き勾配(形状修正)

金型の設計段階で、製品形状にあらかじめ”1度程度の勾配”を付けてあげます。これが抜け勾配です。

成形品は金型の形状面から垂直に離形するので、勾配をつければ成形品と金型との摩擦面は減少し、成形品が取り出しやすくなります。他に、離形不良が起きる場合は、エジェクターピン等(押出ピン)を設けて、合わせて利用されます。

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例