技術提案事例

国外生産の水質問題【水管の腐食】

Before

国外生産の水質問題【水管の腐食】

ZAS製(亜鉛合金)の金型を国外生産(ヨーロッパ)で使用しました。しかし日本との水質の違いにより、金型の水管部が溶けるように腐食が早まり、金型内部の排気孔などに水が浸みだしてしまう事例がおきました。(水質は硬質です)

After

国外生産の水質問題【水管の腐食】

対応としては、水を使わずに油温調を採用しました。

また金型内部に改めて設けた管の廻りに十分なクリアランスをとり、金型の腐食による異常を起きないようにしました。

現状では、アルミ製・鉄製の金型では劣化の報告は受けておりません。

 

ブロー金型の修理・メンテナンス

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例