技術提案事例

スライドコアの摺動性(コーティング)

Before

スライドコアの摺動性(コーティング)

金型のスライドコア部には、アルミの本体(キャビティ)とは硬度(グレード)を変えたアルミ合金に潤滑剤を付けて利用していました。

しかし、量産成形の熱膨張による摩擦の増加や、潤滑剤の凝固、摺動面に残る潤滑剤の粘着で樹脂の屑を付着させ、スライドコアを損傷させる”かじり”が生じました。

After

スライドコアの摺動性(コーティング)

コーティングを施した結果、金属表面が滑らかになり摩擦を減少させることで摺動性を向上させました。また硬度値も格段と上がり、耐久性と耐摩耗性も向上することで高寿命化を図りました。

量産成形における摺動面のトラブルを回避することで、お客様の長期に向けた修繕コストを抑えます。

技術提案事例一覧に戻る

VA / VE 関連するVA・VE技術提案事例