技術提案事例

金型の改造(コーナーR)

Before

金型の改造(コーナーR)

他社製の古いダイレクトブロー成形金型を改造する依頼を受けました。

製品デザインに変更があり、同一寸法の4ヶ所あるコーナーからピアス形状部を取り除いたコーナーRに変更します。

しかし、古い金型の多くは製品形状をマシニング加工ではなく汎用機械と技術者の手作業で造形しているため、4ヶ所のコーナーの寸法にそれぞれバラつきがありました。

また、図面などの参考資料も見つからず、金型と既存の成形品から改造部分の規定値を探す必要がありました。

After

金型の改造(コーナーR)

寸法に誤差がある4ヶ所のコーナーを全て測定して誤差の平均を確認します。差が少なければ、コーナーRの寸法(収縮率も推測)を1つだけ決定したのちに、決めたコーナーRの固定コマ(コア)を4個製作します。規定値を1つに絞ることで加工時間を短縮できます。

金型本体の切削加工は、最小限に必要な部分のみポケット加工を施し、固定コマ(コア)をはめ込み固定します。
最後に、はめた固定コマと本体の製品面の境となる分割部分を仕上げて整えたら完了です。

ブロー成型金型は、比較的シンプルな構造が多いため、部分的な形状変更も容易的に可能となります。
また、図面等の資料が用意できない場合でも、金型本体もしくは製品サンプルからの測定が可能です。

技術提案事例一覧に戻る